脱毛リタイアメント

RSS
16
12月

他人のムダ毛がとっても気になってしまった話

okoru3子どもの定期的な予防歯科のために歯科医院を訪れた時のことです。
歯科医院の中はとても清潔で空調がきいていて快適です。
子どもを担当してくれた歯科衛生士さん。半袖姿で診察台に座る子どもに優しく声を掛けてくれました。
そして、私に「それでは今から始めます」と笑顔。化粧っ気もほとんどなく、黒々とした髪をしっかり結んでいました。

そしてブラッシング開始・・・。
子どもに付き添う私の目は・・・。歯科衛生士さんの腕に釘付けになってしまいました。
半袖姿の歯科衛生士さんの腕。それはそれは毛並みがキレイな腕毛というのかな、いやあれはムダ毛、それがなびいています。

1本1本がとても長くてまっすぐ。1本の長さが5�弱くらいではないかいう長さ。
私は今までにここまで伸びた女性の腕毛、いやムダ毛を見たことがありません。
顔や首元から見える肌は色白。なのに腕は真っ黒に見えちゃってます。

え!!!!今までにムダ毛処理ってしたことないのかな。このムダ毛の長さからして、したことなさそうだなあ。
せっかくの色白さんなのに腕が黒く見えちゃうなんてもったいないな。
腕がこんなに毛深く長いのだから、脚のムダ毛もすごいんだろうな。
もしかしてポリシーでムダ毛処理をしていないのかな。
子どもの予防歯科のために来ているのに、歯科衛生士さんのムダ毛が気になって、気になって仕方がない私。

この人若いからキレイにムダ毛処理をして、少しだけ化粧をしたら見違えるほど美人さんになるのに。
なんてもったいないんだろう・・・。
そんなことをずっと考えてしまった、歯科衛生士さんの腕毛、いやあれはムダ毛のお話でした。

 12月 16th, 2015  
 w_admin  
 脱毛体験談  
   
 0 Comment
15
12月

ぎりぎりで間に合ったムダ毛処理!

私は1分1秒でも無駄にできなかったです。その日は彼とナイトプールに行く予定だったんです。それなのに私は大失態を犯しました。なんとムダ毛の処理をしていなくて、出かけるおよそ2時間前に気づいたのです。

大慌てで除毛クリームを探したんだけど見当たりません。見つからないので、もう仕方なく毛抜きを片手に必死で脇のムダ毛を抜き始めました。しかしこの毛抜きでのムダ毛の処理って途方もないくらいに時間がかかるのですよね。全然進まなくてイライラしてきました。かといって、カミソリで処理したくらいでは、脇毛を一本残らず、キレイに手入れすることはできないでしょう。だから必死になって毛抜きで処理していったんです。

もう本当に遅刻ギリギリになって、ムダ毛の処理が終わって、なんとか彼との待ち合わせの時間に間に合いました。ほっとしました。ムダ毛のことにあと少し気づくのが遅かったら、きっと彼との待ち合わせ時間に間に合っていません。あのときに気づいたことでぎりぎり間に合ったのです。

こうやって彼とラブラブでナイトプールを楽しみながら、内心「ふー」と一息つきました。肝心のムダ毛の処理を忘れかけるとは本当に大丈夫かなと自分が心配になりました。彼に「また行こう」と誘われたので、今度行くときはもっと早くから処理を初めて、ゆったりした感じで行きたいと思います。今日は焦って楽しいというより疲れたので、今度は余裕をもってムダ毛を処理していき、もっとナイトプールを楽しみたいです。

 12月 15th, 2015  
 w_admin  
 脱毛体験談  
   
 0 Comment
15
12月

初恋の切ない話!ムダ毛が水着からポロリしたせいで!

nayamu4子供の頃ってすごく繊細なんですよね。小さな出来事のせいで、関係がうまくいかなくなったりすることもあります。私はムダ毛に纏わる出来事のせいで、初恋の人に壁を作ってしまいました。だからすごく苦い思い出として心に残っているのです。

私はその男の子とはすごく仲良くしていたのです。どれくらい仲がいいかというと、お互いの家に遊びに行くくらいには親しい仲でした。そんな彼と一部のクラスメイトみんなで海に遊びに行ったことがあるのです。私はすごく張り切って、楽しみにしていました。まさかそこでとんでもない恥ずかしい目に合うなんて思っていなかったです。

みんなで海で待ち合わせをして集まりました。そして男女合流してよし海に行こうとなったのです。そこで私は海に入る前にある子に指をさされて言われました。「えー○○、ムダ毛ムダ毛!」と。みんなの視線が突き刺さって、私はギクリとしました。なんと水着からムダ毛が見えていて、それを友人にみんなの前で指摘されたのです。

もちろん私が好きだった彼も一緒にこっちを見ていて、苦笑いしていました。私はもう真っ赤になって必死でムダ毛を隠したのです。その日はこの失敗が尾を引いて全然楽しめませんでした。そしてその日から彼に見られて変な顔をされたのがショックで、その後彼を何度も避けてしまったのです。

そのせいで私たちには変な溝ができたまま、卒業してそれぞれの進路に進んでいきました。あそこが大きなターニングポイントになったと思います。告白することもなく終わった初恋って切ないです。あれ以来自分のムダ毛がすごく嫌いになりました。

 12月 15th, 2015  
 w_admin  
 脱毛体験談  
   
 0 Comment